60歳定年再雇用で働く

定年再雇用後を安らかに過ごすための希望のブログ

60歳が新入社員?

新入社員と同じ
私は再雇用の面談で、「60歳で一旦リセットして、新入社員と同じように契約するんです」と言われた。

【新入社員】
1番わかりやすい定義は、給料。
場所にもよりますが、
大学院修士課程修了 228.3千円
大学卒 200.4千円
とこんな感じ!

定年退職時の給料が、40万円だったら、やっぱり半分になるっていうのは、ほんとだ。

でも20歳と60歳では生活やお金の使い方が全く違う。

20歳の時は「自分」しかない。自分以外のことを考えている余裕などない。

しかし60歳はどうだ。人のことばかり考える世代だ。

人のための給料、親のこと、子供のこと、そして友達の安否など人のことばっかり考えている。

それに金がやたらといる。

香典、お供え、仏前、お祝い、他の人の退職祝い会費、故人を偲ぶ会会費などなど。

新入社員にあって、自分にないもの。
それは、
初々しさと未知のエネルギーと不確実性。

これが何かを生み出す。

しかし60歳になって新入社員と同じと言われると腹が立つ。

 f:id:mbhonion:20170403090038j:image