60歳定年再雇用で働く

定年再雇用後を安らかに過ごすための希望のブログ

この言葉が嫌い「自己責任」

私が60歳で定年退職した時には「金」は全くなかった。

全部家族のために使ってしまっていた。

✳︎税金、学費、保険

✳︎ローン

✳︎旅行費用

✳︎親へのええかっこしいの小遣い

✳︎様々な生活のための料金

✳︎「行こか」と誘われる飲み会

✳︎もちろん毎月の生活費

✳︎突然の出費(修理費、家電の買い替え)

などなど

思い出しただけでもうん十万は消えてしまう。

そのような生活費

からは馬鹿にならない。

その結果、私は貯金がゼロになってしまった。

定年退職の時、1番驚かれたのは、

「で、貯金はいくらあるの?」

私「通帳にある30万円」

「それは、通常の引き落としの分でしよう」

私「そうや」

「定期預金のこと」

私「ない」

「全然ない?」「どういうこと」

私「みんなのために使ってたら、なくなった」

「そんなことあるわけない」

私「ほんまにそうなんや」

「信じられない」

ということで、全く「金」がないことを信じてもらえず、かつ、無駄遣いをしたのだと決めつけられ、小遣いは月一万円とされてしまったのだ。

全てあんたの「自己責任」

この言葉が一番嫌いだ。

みんなのために使ったのに、結果だけを見てそのプロセスを見ない。

これってひどくない?

f:id:mbhonion:20170404064810j:image