60歳定年再雇用で働く

定年再雇用後を安らかに過ごすための希望のブログ

💰高齢者雇用促進給付を申請する方法1

f:id:mbhonion:20170420062015j:image

定年再雇用になると、国から高齢者雇用促進給付がもらえる。

この給付は、失業給付と同じで申告制だ。

申告して、65歳になるまでもらえるようになる。

しかし、この給付をもらうということは、

再雇用後の給料が、定年退職時の75パーセントを下回っていることが条件である。

 

私の場合は、実質手取りが43パーセントであるので、十分すぎるぐらい資格がある。

 

だから、こんなん貰って喜んでる場合じゃない。

ここが言いたい。

 

75パーセント以上であるならば、国から給付を貰わないでも良いのだから、税金をわざわざ使う必要もない。

 

要するに、「国から給付がもらえますよ」と甘いことを言われて、「それはいいな」「もらえるものはもらわないと」という雰囲気にさせることがこの給付の目的。

 

国の政策のおかげで、定年再雇用になってるわけだから、5年間は食える給料が先で、補助的給付なんかいらないんだよ。

 

それからもう1つ、この給付の計算方法だが、

再雇用時の給料プラス交通費の総額が、定年退職時の何パーセントに当たるかによって、変わる。

分類は75パーセント以上 (ゼロ)

75パーセント未満60パーセント以上 (複雑な計算式)

60パーセント未満 (一律15パーセント)

この3つだ。

 

 高齢者雇用促進給付などもらわない方が給与は多い。