60歳定年再雇用で働く

定年再雇用後を安らかに過ごすための希望のブログ

安心できる定年再雇用の条件

f:id:mbhonion:20170502093933j:image

今年再雇用の2年目に入り、契約を更新しました。労働条件は全く同じです。

60歳すぎたら、同じ仕事をしていても、給料は大卒初任給よりずっと低い。

要するに労働力を安く使おうということです。

 

定年制で60歳まで、65歳から基本年金(国民年金)の支給。高年齢者雇用安定法で65歳までの雇用を義務付けられたというのが今の日本の60歳以上の雇用状況です。

 

この状況であれば、65歳まで定年を延長する。

これが一番働く人にとって良いことです。

その方が生活が安定するし、予測も立てやすい。

2番目に良い方法は、 厚生年金が出るまでと基本年金が出るまでの三段階で労働条件を分けて決めることです。

わたしの場合であれば、

60-62 退職時給料の7割

62-64 退職時給料の6割

65- できれば70まだ延長して?

とこの3つに分けて決めてもらうのが理にかなった方法だと思います。

とにかく中小企業であれば、同じ給料を払う財政的余裕が無いと思いますが、せめて上記の金額の提示が欲しいです。

定年退職時の給料を40万円として、

それぞれ、

28万

24万

非常勤 時間給 できれば1500円

これてやっと食える給料になります。

どう思いますか、みなさん。

無理なこと言ってますか。

同一労働同一賃金て、このことですよ。