60歳定年再雇用で働く

定年再雇用後を安らかに過ごすための希望のブログ

優先座席の優先基準

f:id:mbhonion:20170505064310j:image

最近電車の中で面白い話を聞いた。

その時私は、優先座席に座っていた。

70歳代とおぼしき男性が2人、優先座席に座りに来た。

そして、その2人の酔っ払った男性は、次のように言いだした。

「ここは優先座席」

「わしらは座ってええねん」

「しかし、何歳から年寄りというのか?」

「80歳の人が来たら、わしらは代らんといかんのか?」

とまあ、こんな会話をしだした。

確かにこれは面白い話だ。

電車の優先座席。

掲示がされていて、お年寄り、妊婦、体に障害がある人、子供連れなどなど、その優先基準が書かれている。

でも、はっきりとした根拠は示されていない。

年寄りって何歳ぐらいから。

子供連れって、どのぐらいの子供。

などなど、あいまいだ。

若い奴があつかましく座っている時もある。

そして、たまたま座っていて、優先基準にあたる人が来ても、変わるタイミングを失い、気まずい雰囲気で座ってる場合もある。

この優先座席。

使い方マニュアルのようなものはないのか。

少なくとも、老人に関しては、歳ではない。

一時間立って居られるなら、優先座席は必要ない。

要は必要性の問題だ。

いっそのこと、必要性のある人が誰でも使えるとし。

そしてその必要性の優先順序をちゃんと書いておいては?